長3号封筒の魅力はここにある!

長3号封筒の魅力はここにある!

現在、会社関係の文書の送付に使われている封筒の大半が、長3号封筒になっています。
これは現在の文書に使われる用紙のサイズが、以前のB5サイズから現在のA4サイズに変更されたことに由来します。
そんな長3号封筒の魅力をご紹介します。


封筒のサイズにもいろいろありますが、A4サイズの文書を入れるには長3号封筒が最適になっています。
というのも長3号封筒にA4サイズの用紙を入れる場合、三つ折りにして入れることがほとんどです。

A4サイズは、三つ折りすると長3号封筒に丁度良く収まるサイズなのです。

それだけではありません。A4の用紙を三つ折りにして入れるのには、それなりの訳があるのです。
その訳とは、文書を送り出す側だけではなく、文書を受け取る側に取ってもメリットがあるからです。


では、まず四つ折りから見て行きます。
四つ折りの場合は、サイズ的にはレターサイズに収まりますので、封筒のサイズも長3号封筒よりもコンパクトになります。
しかし四つ折りの場合、枚数が増えれば増えるほど厚みが増してしまいます。


厚みが増えてしまうとレターサイズの封筒では収まりきらなくなる場合も考えられ、
折り目が多い分厚みが増すのが早まってしまいます。
厚みが増した文書を、四つ折りできれいに折り込むというのも難儀してしまうことでしょう。


また、きれいに折り込まれていない文書を受け取った側には、どんな印象を与えるでしょう?
良い印象を与えることはありません。
さらに受取側は文書を開いてまた開いてと二重の手間を要することになります。


長3号封筒には合わない四つ折りの場合、コンパクトになるということ以外にメリットは少なく、
四つ折りがあまり好まれない理由ともなっています。


封筒印刷

封筒 (サイズ・テンプレート・チケット封筒・長3封筒・角2封筒・窓付き封筒)

紙袋・手提げ袋